スポンサーリンク

クリスティン・アシュリー(Kristen Ashley)

ロマンス小説
この記事は約4分で読めます。

今回はクリスティン・アシュリー作品についてまとめてみました(^^)/

2022年9月現在、邦訳は二見書房さまより〈Dream Man〉シリーズが3作品 出版されています。

(シリーズ第4弾は出るのかどうか…出てほしいのだけど…)

そしてクリスティン・アシュリー、マジでものすごく多作です…!

Kristen Ashley

クリスティン・アシュリー作品、実際に本をみると、まずその分厚さに驚くと思うのですが(シャノン・マッケナ並み)、大変読みやすくスルスルと読める作家さんです。

クリスティン・アシュリーに限らず、二見書房さん刊行の最近の作品は分厚い本が多いのですが、恐らくそれは活字がとても大きくなったからだと思われます(笑)↓

公式HP →

Home - Kristen Ashley
Home

Twitter → @KristenAshley68
Instagram → @kristenashleybooks
pinterest → @KristenAshleyBooks
goodreads → Kristen Ashley

シリーズ一覧【早見表】

全作上げたら切りがないので、邦訳された〈Dream Man〉以外は、シリーズ名のみ載せました

個人的に気になっているのは〈Rock Chick〉シリーズ

面白そうなんですよ、あらすじが!!

いつか翻訳されないかなぁ~と思っています。

Dream Man
  1. Mystery Man(2011)→『恋の予感に身を焦がして』(2016)
  2. Wild Man(2011)→『ふたりの愛をたしかめて』(2019)
  3. Law Man(2012)→『愛の夜明けを二人で』(2017)
  4. Motorcycle Man(2012)→(恋の予感に身を焦がしてに出てくるタックの話)
  5. Quiet Man(2019)(スタンドアローン)

4.1 Merry and Bright(2015)

4.2 Law Man Short Story(2016)

※邦訳版は『恋の予感に身を焦がして』→『愛の夜明けを二人で』→『ふたりの愛をたしかめて』の順番で出版されていますが、原書だと2作目と3作目の順番が逆になっています。

その他シリーズ

Rock Chick(9作)

Colorado Mountain(7作)

Chaos(6作)

Unfinished Hero(5作)

The ‘Burg(6作)

Fantasyland(5作)

Magdalene(3作)

The Three(3作)

Ghosts and Reincarnation(5作)

Dream Team(4作)

Moonlight and Motor Oil(2作)

Heaven and Hell(1作)

River Rain(4作)

The Rising(4作)

Honey(3作)

Wild West MC(2作)

Misted Pines(2作)

Mathilda’s Book of Shadows(2作)

邦訳された作品

恋の予感に身を焦がして【Mystery Man】

楽天ブックス
¥1,408 (2022/12/04 21:41時点 | 楽天市場調べ)

ふたりの愛をたしかめて【Wild Man】

著:クリスティン・アシュリー, 翻訳:高里 ひろ
¥1,408 (2022/12/04 21:41時点 | Amazon調べ)

愛の夜明けを二人で【Law Man】

〈シリーズ〉

KindleUnlimited対象の作品は無さそう?なのですが、Audibleの聴き放題対象の作品は結構あるようなので、聴く読書をされる方にはぴったりかもしれませんね♪

Dream Man

Rock Chick

あらすじを読む限りだと、〈Dream Man〉シリーズ以上にめちゃくちゃジェットコースター!!(笑)

その他シリーズ

作品数が非常に多いので、それぞれシリーズ一作目のリンクだけ貼っておきます↓

さいごに

……いや、本当にクリスティン・アシュリーさん、作品数多くない!?!?

面白い未翻訳作品がいろいろありそうだなぁ~と思いました(*^^*)

とりあえず〈ドリームマン〉シリーズのタックのお話は出ないのかな…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました