PR
スポンサーリンク

【愛は、365の日々で】を振り返ってみる♪~続編が27日にNetflixで配信開始~

映像化
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています

今回注目するのは、

作家ブランカ・リピンスカによるベストセラー小説を原作としたポーランド発のNetflix官能映画であるこちらの作品↓

『愛は、365の日々で』(2020年)

続編である『愛は、この日を迎えて』が、2022年4月27日(水)にNetflixで独占配信が開始されるということで、前作であるこちらを振り返っていきましょう♪

今のところ、ネタバレはあまりないので、未視聴の方も是非どうぞ〜(*´꒳`*)

365Days(365dni)

365Daysの原作は、作家ブランカ・リピンスカによる3部作のベストセラー小説です♪

ポーランド発のNetflix官能映画ということで、作中ではポーランド語?も出てきますが、基本的には英語で進みます。

ヒロインはポーランド出身ですが、ヒーローはシチリアのマフィアという設定なので、2人の中で交わされる言葉は英語になってます。

そして特筆すべきは、その官能模写。

もう、すっっごいです。

Too Hot です!

1時間55分ほどある この映画ですが、1時間を超えた辺りから、しばらくずっとその模写が続きます(笑)

それもまた手が込んだ作りになっていて、ドキドキさせられます♡

原作はこちら↓

あらすじ

危険な香りただようマフィアのボスに突然誘拐されたひとりの女性。365日という期限の中で、自らの意志で彼と恋に落ちるよう言い渡されるが…

Netflix公式のあらすじより

ヒロイン・ラウラは恋人や友人たちとシチリア旅行中に、危険な香りを漂わせているセクシーなイタリアンマフィアのヒーロー・マッシモに誘拐されてしまいます。

そして頑なに抵抗するヒロインに、ヒーローが告げます。

『次の誕生日に解放してやる。365日で自ら俺を愛せ』と。

(え、このマフィア コミュ障なのかな?)

予告編など

予告編ではないですが、マッシモ役のミケーレ・モローネのMVがこの映画の名シーンを集めていて、すごく良い感じです♡

公式YouTubeのMV↓

気になる評価は?

かなり賛否両論のあるこの作品。

誘拐・レイプを美化している〜等々、

言われていて、

レビューがかなり極端です。

☆1か☆5みたいな。

好みが分かれる云々以前に、このストーリーを生理的に受け付けるかどうか。みたいなところも多少あるのかも知れないですよね。

フィフティもレビュー極端でしたし。

この手の映画やドラマにそれはつきものです。

ただ!めっちゃ大ヒットしてます!

数字としては。

なんと 2020年Netflix映画 1位らしいです。

なんだかんだエロはみんな好きみたいです(笑)

2020年2月にポーランドで劇場公開され、同年6月よりNetflixで国際的に展開された「愛は、365の日々で」は、2020年の〈世界で最もNetflixで視聴された映画〉第1位 を記録した。次点の『エノーラ・ホームズの事件簿』には、2.5倍以上のポイント差をつけてランクインしている。

https://netofuli.com/news-382/

同作は2020年、Googleで世界的に最も検索された映画の第4位となった話題作であり問題作としても注目を集めた。

https://www.banger.jp/news/76576/
『愛は、365の日々で』撮影の舞台裏、過激なベッドシーンの連続はどのように撮影されたのか? - 海外ドラマNAVI
シリーズ最新作『愛は、新たな日々へ』がNetflixにて配信開始。リアルな描写と過激なベッドシーンが話題を呼んでいるポーランド発のロマンス映画『愛は、365の日々で』シリーズ。その撮影舞台裏とは?撮影監督がインタビューで明かした。

メインキャストについて(Instagramなど)

アンナ=マリア・シエクルッカ(ラウラ役)

ある日突然 イタリアンマフィアに誘拐されて、『俺を好きになれ』と強要されたヒロイン、ラウラを演じたのは、ポーランド生まれの女優

アンナ=マリア・シエクルッカ

マッシモとの身長差がまた堪らないよね〜♡

Instagram↓

ミケーレ・モローネ(マッシモ役)

危険な香り漂うマフィア、マッシモを演じるのは、イタリア生まれの俳優であり、モデルであり、シンガーであり、デザイナーである(多才過ぎなのでは…)

ミケーレ・モローネです。

Instagram↓

オフィシャルサイト↓

Michele Morrone Official Website - Single "Push Me"
Michele Morrone Official Website: Find Music videos and all infos about his new single "Push Me" here

YouTube↓

Michele Morrone
Balancing various mediums of artistry, from acting to singing, Michele Morrone has quickly joined the ranks of global su...

ストーリーを振り返りながら感想まとめ♪

…まず、言わせて下さい。

マッシモ、格好良すぎじゃないですか?

ちょっと待ってください。

顔だけじゃなく、ものすっごい良い身体してるんですけど…

ちょ、直視出来ない…

マッシモが目の前現れたら私多分、失神する。(笑)

そして、脚なっが!!!

え、もしかして画面バグってます?

四捨五入したらもう脚ですけど。

ちなみにマッシモ役のミケーレ・モローネさん、お子さんが2人いらっしゃるみたいです。

あんなに格好良いパパがこの世に存在するなんて…わぉ、なんて事だ。

彼のインスタやTikTokで子供と遊んでいる様子が見れます↓

この投稿のキャプションが ”Fantastic 4” 🦸🏽 .. if you need a baby sitter I’m here 😂” なんですよ~

可愛いね〜癒される〜(*´꒳`*)優しい世界だね。

ここから先はヒーローとヒロイン2人の出会いを詳しく振り返っていきますよ〜↓

まず、ヒーロー・マッシモのパパ(マフィアのボス)が射殺されるという中々衝撃的な展開から始まるこの作品。

(ちなみにマッシモ自身もパパの身体を貫通した弾を受けて重傷)

ヒロインとヒーローの出逢いも衝撃的です。

時は射殺事件から5年後に移ります。

それぞれの仕事が思うように進まなかったり、恋人への不満から、鬱憤を募らせている2人。

そんな2人がシチリアの空港ですれ違って、運命の歯車が動き出します。

ラウラは自分の29歳の誕生日を目前に控え、恋人や友人たちとシチリア旅行を楽しんでいました。

友人たちとディナー中、席を離れ、暗い庭の中で道に迷ってしまったラウラ。

振り返るとそこには…

『Are you lost, baby girl ?』(迷子ちゃん?)

ヒロインを冷めた目で見下ろすヒーロー・マッシモ。

暗い中で、あんなに至近距離で男の人が立ってたら、普通に怖いですw

その後も友人たちと旅行を楽しんでいたラウラですが、仕事ばかりで全く自分に構ってくれない恋人に不満が爆発。

1人で夜のシチリアの街に出掛けて行ってしまいます。

(絶対危ないよ〜汗)

やっぱりというか案の定、夜のシチリアの街で迷子になるラウラ。

後ろから知らない人に声をかけられて振り返ると…そこで意識が途切れます。

目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋のベッドの上。

出口を探して建物の中を彷徨っていると、自分の(巨大な)肖像画が飾られているのを発見します。

『Are you lost , baby girl ?』

振り返ると、あの夜に出会った男が後ろに。

5年前の父親の心臓を貫通した銃弾を受けたあの日…

『心臓が止まる時、君を見た』

『毎日、あのイメージが浮かんだ』

『世界中で君を探した』

『君がいつか俺の前に現れると感じてた。俺のものになると。』

…この人、ストーカーなのかな?笑

『冗談でしょ?私は誰のものでもない。誘拐して自分のものになるなんて思わないで』

『わかってる。だから俺と恋に落ちるチャンスを与える。強制じゃなく、君の意志で。』

そう語ったマッシモに対して、ラウラは言い放ちます。

『そんなチャンスいらない!』

www

ラウラの恋人の浮気の証拠を持ち出し、勝手に恋人へメモを残し、ラウラの荷物をまとめ、強制的に別れさせたマッシモ。

『You know what ? Fuck off.』

ラウラ、マジギレです。

逃亡を図ろうとするラウラをソファに押し付け、言い聞かせるマッシモ。

『無理強いはしない。君が僕を欲しがるまで待つよ。束縛しない。だが、僕を怒らせるな。反抗を許すのは慣れていない。』

『期限は365日。君を俺に夢中にさせる。君の次の誕生日に解放してやる。』

という感じで、中々パンチのある出会い方をしていた2人。

その後も頃合いを見て、逃亡を図るラウラでしたが、

『Are you lost , baby girl ?』

えっと、あれですか?

彼、壁抜けが出来るんですか?

もしかして幽霊的なアレですか?

必ず振り返ると彼がいるのですが(笑)

そんな感じで、最初はマッシモに反発し、マッシモを挑発しまくるラウラでしたが…♡

そしてこの映画、ショッピングシーンも多いんですよね〜♪

たくさんのショッピングバックをお付きのものに抱えさせて、セクシーガイと気が済むまでお買い物なんて、まさに女性の夢を具現化してます♡

オフショット集

この作品のオフショット、ミケーレ・モローネやアンナ=マリア・シエクルッカのInstagramにたくさん投稿されてます〜♪

どれも、ものすごく癒される写真や動画ばかりなので、ぜひ見てみて下さい。

(2人のインスタは上の項目に載せてあります↑)

(あとでピックアップして何枚かリンク載せておきますね♪)

気になる続編【365Days:This Day】

27日にNetflixで独占配信がスタートする『365Days:This Day』ですが、

なんとまたイケメンが1人追加されるらしいですよ〜

眼福感 増し増しですね♪

「愛は、365の日々で」製作チーム、続編の公式予告編とイメージ写真を初公開 - About Netflix
「愛は、この日を迎えて」の初公開映像を紹介。クリエイターのブランカ・リピンスカや、主演のアンナ=マリア・シエクルッカとミケーレ・モローネによる解説もご覧ください。
VanDAM Share

今作から本格的にマフィア一家の抗争が描かれるのか、期待してます♪

そして、愛しのドメニコ(マッシモの右腕)の出番は多いかな??

いっぱい見れると良いなぁ♡

(↑実は推しだった。)

最後に

ところで、冒頭の賛否両論分かれる評価の話に戻りますが、

この作品、別にレイプや人身売買を美化しているというわけでもない気が…。

というか、ヒロイン度々レイプされそうにはなってはいますけど、その前にかなりヒーローを挑発してます。

(マフィア相手に挑発できるヒロイン強…)

そして、それにキレたヒーローに追い詰められています。

でも全部、最終的な部分は未遂で終わってる。

それに、初めのシーンでマッシモのパパが取引相手に『少女たちを売るのを手伝ってくれ』みたいな話を持ちかけられたとき『その手の商売は、やらん。』とキッパリ断ってます。

そして、女の子を売春させたとかでマフィア一家の一人がヒーロー・マッシモの手によって、多分かなり惨い最後を迎えています(この辺の模写はないから半分憶測)

SMチックなところも多々ありますが、そこに特化してるわけではないかな?

多分フィフティの方がそっちに特化してるかな〜と。

何はともあれ、私は普通に楽しめました♡

ハードなロマンス系の実写版が好きな方は必見な作品ですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました