スポンサーリンク

ロレイン・ヒース(Lorraine Heath)

作家別プロファイル
この記事は約6分で読めます。

8月10日にmirabooks様より新刊が出版され、今Too Hotなロレイン・ヒース!

新刊・既刊の情報を合わせてまとめました。
途中から翻訳されていないシリーズもありますが、比較的に邦訳が充実しており、紙の書籍が絶版になっていても電子で読める作品も多いです。
少し前に話題になったゴリラ ロマンスも先日 電子で復刊されたらしく…(*^^*)
著者の素敵なHPにもぜひ訪問してみて下さい♪(リンクは下に貼ってあります)

Lorraine Heath

公式HP →

Home | Lorraine Heath

twitter → @Lorraine_Heath
Instagram → @lorraineheathauthor
Facebook → Lorraine Heath 
goodreads → Lorraine Heath
別名義 → Rachel Hawthorne Jade Parker

シリーズ一覧【早見表】

全部で14シリーズありますが、邦訳が出ているシリーズのみ抜粋して掲載。
(絶版本については後日 追加します)

Sins for All Seasons〈mirabooks〉
  1. Beyond Scandal and Desire(2018)→『公爵家の籠の鳥
  2. When a Duke Loves a Woman(2018)→『公爵と裏通りの姫君
  3. The Scoundrel in Her Bed(2019)→『路地裏の伯爵夫人
  4. The Duchess in His Bed(2019)→『午前零時の公爵夫人
  5. The Earl Takes a Fancy(2020)→『伯爵と窓際のデビュタントnew
  6. Beauty Tempts the Beast(2020)
Scoundrels of St. James〈マグノリアロマンス〉
  1. In Bed with the Devil(2008)→『悪魔とワルツを電子〇紙〇
  2. Between the Devil and Desire(2008)→『悪魔のような男絶版
  3. Surrender to the Devil(2009)
  4. Midnight Pleasures with a Scoundrel(2009)
  5. The Last Wicked Scoundrel(2014)
Scandalous Gentlemen of St. James〈MIRA文庫〉
  1. When the Duke Was Wicked(2014)→『公爵とリトル・ローズ電子〇紙×
  2. Once More, My Darling Rogue(2014)→『氷の紳士に拾われた家政婦同上
  3. The Duke and the Lady in Red(2015)→『悪魔公爵と鳥籠の乙女同上
  4. An Affair with a Notorious Heiress(2017)→『侯爵と麗しのサファイア同上

4.5 Gentlemen Prefer Heiresses(2017)

The Hellions of Havisham〈MIRA文庫〉
  1. Falling Into Bed with a Duke(2015)→『真夜中の壁の花電子〇紙×
  2. The Earl Takes All(2016)→『蒼きバラのあやまち同上
  3. The Viscount and the Vixen(2016)

3.5 When the Marquess Falls(2017)

The Lost Lords of Pembrook〈ラズベリーブックス〉
  1. She Tempts the Duke(2012)→『隻眼の公爵に誓いのリボンを電子〇紙×
  2. Lord of Temptation(2012)→『銀の瞳の令嬢と海を越えて同上

2.5 Deck the Halls With Love(2012)

3. Lord of Wicked Intentions(2013)

Lost Lords〈オーロラブックス〉
  1. As an Earl Desires(2005)→『気高きレディの初恋』(コミックもあり)絶版
  2. A Matter of Temptation(2005)
  3. Promise Me Forever(2006)→『伯爵の情熱は海をこえて』(コミックもあり)絶版
Rogues and Roses〈扶桑社ロマンス〉
  1. A Duke of Her Own(2006)→『公爵の危険な情事』絶版
  2. Just Wicked Enough(2007)→『侯爵の甘く不埒な賭け』同上
London’s Greatest Lovers〈ラズベリーブックス〉
  1. Passions of a Wicked Earl(2010)→『伯爵の花嫁の無垢なあやまち』絶版
  2. Pleasures of a Notorious Gentleman(2010)→『花嫁の嘘は愛のあやまち』同上
  3. Waking Up With the Duke(2011)→『偽りの祝福は公爵のあやまち』同上
Texas Trilogy〈二見文庫〉
  1. Texas Destiny(1997)→『あなたのそばで見る夢は』絶版
  2. Texas Glory(1998)
  3. Texas Splendor(1999)

3.5 Texas Legacy(2019)

シリーズ以外(Non-Series)〈二見文庫〉

Always to Remember(1996)→『愛を刻んでほしい』絶版

邦訳された作品

電子〇紙〇

公爵家の籠の鳥

著:ロレイン ヒース, 翻訳:富永 佐知子
¥1,019 (2022/11/27 04:06時点 | Amazon調べ)

公爵と裏通りの姫君

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:さとう史緒
¥880 (2022/11/27 04:06時点 | Amazon調べ)

路地裏の伯爵令嬢

著:ロレイン ヒース, 翻訳:さとう史緒
¥792 (2022/11/29 11:52時点 | Amazon調べ)

午前零時の公爵夫人

著:ロレイン ヒース, 翻訳:さとう 史緒
¥792 (2022/11/29 04:44時点 | Amazon調べ)

伯爵と窓際のデビュタント

悪魔のような男

著:ロレイン ヒース, 著:Lorraine Heath, 翻訳:芦原 夕貴
¥998 (2022/09/10 16:12時点 | Amazon調べ)

電子〇紙×

公爵とリトル・ローズ

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:琴葉かいら
¥770 (2022/11/30 22:37時点 | Amazon調べ)

氷の紳士に拾われた家政婦

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:琴葉かいら
¥880 (2022/11/29 11:52時点 | Amazon調べ)

悪魔公爵と鳥かごの乙女

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:琴葉かいら
¥792 (2022/11/30 22:37時点 | Amazon調べ)

侯爵と麗しのサファイア

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:琴葉かいら
¥792 (2022/11/29 11:52時点 | Amazon調べ)

真夜中の壁の花

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:皆川孝子
¥792 (2022/11/29 11:52時点 | Amazon調べ)

蒼きバラのあやまち

著:ロレイン ヒース, 翻訳:皆川 孝子
¥812 (2022/11/30 22:37時点 | Amazon調べ)

隻眼の公爵に誓いのリボンを

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:旦紀子
¥990 (2022/11/30 22:38時点 | Amazon調べ)

銀の瞳の令嬢と海を越えて

↓Amazonでは一応 新品も手に入るようです

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:旦紀子
¥990 (2022/11/27 04:06時点 | Amazon調べ)

絶版(電子×紙×)(後日追記予定)

悪魔とワルツを

In Bed with the Devil 〈Scoundrels of St. James〉】

↓Amazonにて新品はプレミア価格になっているみたい

著:ロレイン・ヒース, 翻訳:芦原夕貴
¥1,950 (2022/08/10 19:45時点 | Amazon調べ)

〈シリーズ〉

Sins for All Seasons

Scoundrels of St. James

〈Scoundrels of St. James〉〈Scandalous Gentlemen of St. James〉〈Hellions of Havisham〉シリーズはそれぞれクロスオーバーしています

詳しくはロレイン・ヒース公式HPのSt. James Character Guideを参考にどうぞ♪

Scandalous Gentlemen of St. James

The Hellions of Havisham

The Lost Lords of Pembrook

Lost Lords

Rogues and Roses 

London’s Greatest Lovers 

Texas Trilogy

シリーズ以外(Non-Series)

コメント

タイトルとURLをコピーしました